今井町公民館 ー「ミチコオノ日記」読者集会所ー

旧称:「ミチコオノ日記」読者日記もしくは私的ファンサイト

芸術は素晴らしい!


メンバーの中で絵を習い始めたという方が
いらっしゃるようで、何だか嬉しくなり
ワクワクしているカオリンです。
こんにちは。公民館へようこそ♪
もしよろしければ、ビスケットをどうぞ。
怪しいものは入っておりません。
ほんのり“青のり”風味です。
あとでジェーン(id:jane7)さんが
美味しいお茶を入れてくれるはずです。

昨日は「kao-kao日記」の中で、少しだけ
ピカソの話をしました。

ピカソといえば、かつて
Nagi(id:Nagi1995)さんにピカソのようだ
と言われた方がいらっしゃいました。
そうです。
ミチコオノ(id:fukaumimischool)氏。
“女性を悩ませる”ということと
“素晴らしい芸術家”という意味だったと
解釈しております。
現在は「ミチコオノ日記」しか
見ることが出来ないけれど、
これまで他のブログでも、その才能豊かな
作品の数々を拝見させていただきました。
この方も様々な画風をお持ちです。
そんなこともあり、改めてピカソの本を
読んでみたのでした。

以前、こんな記事を書かせて
いただいたこともありました。

うん。ピカソはピカソ。ミチコはミチコ。
だと思いました。(当たり前か)
何だか懐かしいです。
色んな流れがあり、仕上がった記事でした。


イーゼルにも書いてあったな。
療養中のミチコさん、見てるかな?
ところで、このイーゼルの
「いづみ」の文字。
「いずみ」じゃないのかな?と
ず~っと気になっていたのですが、
どうなのでしょう?私の勘違い?

音楽も絵も文章も、
心を豊かにしてくれます。
上手い下手の問題ではありません。
“どれだけその人の心に響くか”です。
十人十色、表現するということ、
作品に対する想い、見てくれた方の感じ方も
それぞれ違うからこそ面白く、
魅力的なのだと感じます。

やっぱりミチコさんのこの絵、好きだな。
それではまた…♪

〈カオリン〉

このページの一番うえにもどります