今井町公民館 ー「ミチコオノ日記」読者集会所ー

旧称:「ミチコオノ日記」読者日記もしくは私的ファンサイト

憩いの巣箱(みんなの掲示板)

憩いの巣箱(休憩所掲示板) みなさんの交流の場としてご活用ください。コメントはどなた様もご自由にご参加くださいませ。 -公民館管理人-

はじめての方へ 〜公民館のあゆみ〜

ナギと申します。「今井町公民館」ができる前に、この場所でひっそりと「ミチコオノ日記」の私的ファンサイトを開いていた人間です。 最近、病気療養中の「ミチコオノ日記」の作者の人がぼつぼつとブログに顔を出すようになってきたり、新しくこの「公民館」の運営メ…

ガイドのいない夜  ~  大貫サリーさんの「月」第一章を読み終えて  

こんばんはこんにちわおはようございます。 夏 バテオです。 この記事は、 大貫サリーさんの「月」の感想です。 はてなブログでは「オノミチコ」 そして公民館では「御大」である人の。 「月」の登場人物である「大貫サリー」と、 「月」の作者の名前である…

バテオさんの「ロードハウスブルース」を歌ってみた。

ナギです。昨日の夜、バテオさんのブログにドアーズの「ロードハウスブルース」の日本語歌詞が掲載されているのを見て、思わずキャーって言ってしまいました。オトコでもキャーって言う時は言います。「ロードハウスブルース」は私とドアーズの出会いの曲だった…

ジョハリの窓と浄玻璃の鏡 〜「ミチコオノ日記」新19話レビュー〜

中学の時の保健体育の授業で「ジョハリの窓」という言葉を習ったことを、今でも妙によく覚えている。 大してややこしい話でもなければ、感動的な話でもない。「言われてみれば」というぐらいの話なのだけど、要は人間には誰でも「4つの側面」があるということを「窓…

月世界探訪記 〜「月」レビュー〜

11ぴきのねこ 4/4 /16:40〜 だれもしらない とおくののはら ちいさなはなが ひとつさく ひとりねむれば ひとつさく だからおやすみ わるいこよいこ ゆめののはらは はなざかり しんとしずかな のはらのむこう ぺかりとひかる おつきさま くしゃみしそうな お…

繋がる

〈文〉高岡ヨシ *** 人との繋がり 心の繋がり 体の繋がり 記憶の繋がり 出来事の繋がり 前に付く言葉は何だっていい。 兎にも角にも、自分は繋がりの中で生きてきた。 水戸黄門の最後の10分間を体現したような年子の姉を持ち、彼女の後ろに隠れて息をし…

ミチコオノ日記 19話公開のお知らせ

michiko-ono-diary.hatenablog.com新たな19話が追加されましたのでお知らせいたします。わたしもまだ読めていませんが、取り急ぎアップロードいたしました。取り急ぎご報告まで。---サラ

「歩けばいい」原作開発プロジェクト優秀賞受賞企画#明読斎

おはようございます。 今井町を歩いていたらミチコさんみたいな方を見かけました。 あれは確かにミチコさんでした。 また今井町に戻って来られたみたいで嬉しいです。 遅くなりましたが、ヨシさんに一曲をお贈りさせて頂きたいと思います。 僕の拙いブログで…

ミチコオノ日記、リブートのお知らせ

michiko-ono-diary.hatenablog.com 上記URLにて、ミチコオノ日記を再編・公開しましたので、お知らせします。 原作者であるミチコオノさんの監修の元、公開済の第01話から第18話までを公開済みです。スタイルの変更に伴い、随時調整・編集される予定ですが、…

「歩けばいい」原作開発プロジェクト優秀賞受賞企画#サラ

ヨシさん、受賞おめでとうございます。私も拝読し、紙で読みたくなりました。お祝いの気持ちを音楽に込めてお送りします。イメージは授賞式で贈りたい曲、です。 www.youtube.com--- サラ 歩けばいい 作者: 高岡ヨシ 発売日: 2018/02/22 メディア: Kindle版 …

「歩けばいい」原作開発プロジェクト優秀賞受賞企画#なまケモノ

高岡ヨシさん優秀賞受賞おめでとうございます 遅ればせながら、わたしも音楽のリンクをプレゼントさせていただきます。 もちろん作品は読みましたが、わたしが感想や批評を述べるまでもなく、とてもすばらしい作品なので、多くのひとたちに読まれることを願…

「歩けばいい」原作開発プロジェクト優秀賞受賞企画#バテオ

ヨシさん、優秀賞受賞おめでとうございます。 かなり遅れてしまいましたが、「歩けばいい」の感想を書かせて頂きます。すでにダウンロードは済ませていたのですが、 読了したのは昨晩でした。社会への関心が急激に高まっていて、そっち方面のお勉強に時間を…

「歩けばいい」原作開発プロジェクト優秀賞受賞企画#カオリン

ヨシさんに歌をプレゼントしよう!というナギさんの企画にのっかります。 トレイントレイン - YouTube公民館のメンバーの中では、わたしが一番古いお知り合いだったような気がしているのですが、最初に読者登録させて頂いたときから、ヨシさんの言葉は力強く…

「歩けばいい」原作開発プロジェクト優秀賞受賞企画#に

>メンバーの一人一人がヨシさんに「歌をプレゼントする」というのがシンプルでやりやすくて素敵なのではないかと思いました。 クリスタルキング 大都会 歌のプレゼントというNagiさんのご提案、まさに素敵の一言です。そしてこれが悪い例です。出オチですが、…

「歩けばいい」原作開発プロジェクト優秀賞受賞企画#ナギ

公民館でも繰り返し話題になってきた高岡ヨシさんの小説「歩けばいい」が、 Amazon × よしもとクリエイティブ・エージェンシーが主催する「原作開発プロジェクト」において優秀賞を受賞されたそうです。 yoshitakaoka.hatenablog.com 私はAmazonという企業がキ…

「夜の湖」第一印象と感想 (ナギ)

11ぴきのねこ 4/4 / 6:33〜 fukaumimixschool.hatenablog.com 昔ばなしのあいつのように 詞·曲 小椋佳 昔ばなしのあいつのように 魔法の刀を持ってたら 火を吐く竜も怖くない 刀ひとふり七つの首は 七つの海に飛び散って 小さな蛇に変わるだろう 誰か教えて…

どうもです。常連客のこんぱちです。

どうもです。 いつも勝手にお邪魔してます5児の父KONMA08です。 うわぁ… やっぱりキンチョーの夏。 日本の夏ですね。 ドキドキしてきました…記事を書くの。 え~今回こちらに記事を書かせてもらおうと思ったいきさつはですね… やはり随分前にミッチーから頂…

第19話 第一印象と感想

fukaumimixschool.hatenablog.com 19話が出た! しかし、今回出てきた2人は、誰なのだろう。 一度も会ったことがない気がする。 本当だろうか。 もっぺん読んでみる。(ナギ) Nagiさん 19話、出ました。 表情は変わりましたが、一人は土さんだと思われます…

内海先生のクラス

内海先生のクラスが体育祭に出れなくなった さっき廊下で月影さんに会ったやっぱりひどく落ち込んでいた 島君が職員室に怒鳴り込んでやると叫んでいて それを島田君が冷静な態度で止めていた 佐々木くんと留学生の グリフィス君はあまり同情心のない女子達に…

ミチコ 感謝祭 最終日 in 今井町公民館

あー あー ゴホッ 公民館ができて本当に良かった 気がついたら公民館の人のページにはいつでも飛べるようにしている ミチコオノ日記を最初に投稿してからそろそろ半年 わたしは荷物を積みすぎた計画性のないチャリンコだった 案の定転倒する その後片付けを…

山吹色

山道を車で走っていて彼女は猫に会った ミルクティーみたいな色の猫だ 少しよろよろしている 車を端に止めその猫を抱いて歩き出した抱えられながらじーっと彼女の顔を見ている 少し歩くと雨が降ってきた先を見るとトンネルがあった猫も一度トンネルの方を見…

存在してやろうぜ

皮肉をね 言うつもりないよだけど ユーモア 必要でしょう いつまで 探しているつもり戻って 来れなく なっちゃうよ 怪物が 見ているよ目を 合わせられるかい 存在してみよう 立ち退かないでいよう存在してみよう 明け渡さずにいよう 存在してやろう 迷惑かけ…

サラさんの紹介ページ案

脚本・主演 サラ(id:sara_pezzini) 製作 ミチコオノ 監督 KONMA08 (id:konma08) サラ さんのブログ bougen.hatenablog.jp abcdefghijklmnopqrstuvwxyz.hatenablog.jp 作品集 nagi1995.hatenadiary.com ↑この公民館のブログデザイン自体が、サラさんの作品で…

青の行方

その子を待っていた そして今朝その子は現れた 青い髪だった いうなればこれはリターンマッチである 前に描いたそのイラストは 真ん中に堂々とミチコがいる わたしには それがどうしても引っかかってしまう ミチコの記念写真みたいだ これはその人の世界では…

ナマけものさんの紹介ページ案 (ナギ)

ミチコオノ ナマけもの さんのブログ flightsloth.hatenablog.com 作品集 むしろ駄目は、わたしです。── 或いはパクチー論争 - ナマケモノの飛行訓練 残響 - ナマケモノの飛行訓練 公民館への寄稿記事 nagi1995.hatenadiary.com 懶さんのこと (言及記事一覧)…

待合室

僕が鉄道会社の敷地に入るのと同時に、一匹の猫がニャーと鳴いて敷地の外へ出た。 自然の法則のようだ。猫が外へ出たので僕は倉庫の上へ上がるしか行く道ががなくなった。 僕は理屈が頭から飛んだ。白いコンクリートの倉庫の外壁に、茶色く錆びた梯子があっ…

公民館の運営をめぐっての漠然とした提案

私は「目次魔」である。 「地図描き魔」と言っても同じことかもしれない。 私のやっている「華氏65度の冬」というブログは、自分が物心ついた時分から聴き続けてきた「日本語でない歌」をひたすら現代日本語に翻訳していくことに内容を絞ったブログなのだが、翻訳し…

山桜

ですが今度は、一言も咲には聞こえてまいりません。 咲の耳が聞こえなくなってしまったのかと、最初は思いました。 でも、そうではないようです。それで……、分かりました。 咲は音のしないところにいるのです。……溢れるほどのお花、ありがとうございました。…

無題

このページの一番うえにもどります